2017年01月11日

苛烈王ハーラル3世で多分制覇勝利 その4

さて、一通りUGができたので、いざスキタイの首都を奪おうか、と
宣戦布告をします。

第2次スキタイ戦争です。
155_第2次トミュリス戦争!.jpg
南下部隊が主力ですが、東側から海に出てきた無防備な騎馬軍団を
キャラベル船で倒します。

海の方は楽勝〜と思った矢先・・・
あれ、フリゲート艦がいる!?

フリゲート艦は、まだこちらが研究できていない技術。
やべっ、強そうだなぁ、
と思ってちょっと見てみると・・・

156_キャラベルvsフリゲート・・・あれ?.jpg
あれ、思ったより弱い。
フリゲート艦って、間接系だから、直接攻撃にはキャラベル船より弱いんですね。
こうなったら、間接で砲撃くらう前にやっちまえ!!
ということでがつがつ攻撃。
あっさり倒せました。

でも、
南下している陸上部隊のほうは、
大苦戦です。

こっちはマスケット、長槍、弩に対し、
相手はただの騎馬、剣士とかなのに、
なかなかです。
騎馬が突撃してくると、やっぱり弩兵はやられますし、
体力が回復するスキタイの固有能力が強いです。
(戦い方が下手なだけかもしれませんが・・・)
わらわら出てくるし、これは泥沼化→疲弊となると、
何のための戦争かわからなくなります。
しかも、
まあ、これはおまけですが、
時代遅れユニットを倒すとゴールドがもらえる「先住民の征服」なるカードを
セットして戦っていたんですが、
剣士はゴールドが出たものの、騎馬は出ない!・・・残念。
騎馬は中世扱いなんですね。

とうわけで、
やめやめ!

あっさり和平。

そうこうしているうちに、
こちらも横帆船の研究が完了、
フリゲート艦生産に入ります。
しかも、同時に・・・
162_初遺産.jpg
T162、初遺産完成。
アルセナーレ・ディ・ヴェネツィア完成。20Tくらいかかったかな。
海マップ制覇には役立つかなあ、と思い、
しかもAIはまず建てなさそうなので狙ってみました。
しかも、
首都は島が狭くてあまり土地がなく、
区域も作れないし、生産力を持て余し気味なので、
基本、ユニットばかりつくっていましたが。
海タイルなら余ってる!ということで。

これで、フリゲート艦を生産します。
一気に2隻ずつ生産出来てとってもお得気分。

さあ、次はフリゲートで沿岸都市を
落とす作戦に切り替えていこうかな、と思っていると、
173_フランス〜(# ゚Д゚).jpg
おい、フランス!(#‘Д’)
いきなり都市をねじ込んできました。
むかつくので、
フランスを次の侵略目標に決定。
しかもスコアトップなのでちょうどいい。

ただ、地球もといシド星の真裏側にあるので、遠いのですが。
でも船ならそれほどでもないので大丈夫、かな。

178_フランスへ!大艦隊.jpg
フランス討伐艦隊、出発!
とりあえず、フリゲート艦はたくさんいても困らないだろう、ということでどんどん作ります。

183_いよいよフランス攻略&スコア.jpg
5Tくらいで到着。
この183T時点でのスコアも。
6か国とも、ほぼどんぐりさんですね。やっぱり海が多いマップだからでしょうかね。

さあ、とりあえず沿岸都市に攻撃しまくります。
190_ツールーズ占領.jpg
T190、ツールーズ占領。
意外と楽勝でした。フリゲート艦恐るべし!
ラッシュの定番兵器だけのことはありますね。

Civ5とかでもフリゲートRとかよく聞いていましたが、
いままで使ったことがなかったので改めて実感。

193_フランスと和平.jpg
193T、和平。
ルーアンを攻撃していた途中で和平交渉に来たので、
はいはい、と思っていたところ、
ツールーズ割譲のほか、まだ占領していないルーアン、そして全く手つかずのリヨンまでも
くれるって条件で、しかも100/T以上のお金もくれるっていうんで、思わず承認。

首都のパリは沿岸より1マス内陸に都心があるのですが、
海から攻撃できる場所が限られているのでフリゲートだけではきつそうだし。

まあ、がっぽり儲けてしまいました。
しかも、気づけば傑作とかも結構ゲットしています。
結果、スコアも頭一つ抜け出しました。



さあ、ここからどうするか。
あとは内政だけして、科学か文化勝利を目指せば勝てそうな気もしてきますが。
制覇に徹するか、内政に舵をきるか。

悩みどころです。



その5に続きます。

posted by chiriya at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック