2017年01月10日

苛烈王ハーラル3世で多分制覇勝利 その1

さて。
ハーラルさんの売りは海関係なんで、
初期配置はせめて沿岸で。そうじゃなかったらやり直します。
初期配置cut.jpg
うん、いい感じです。
丘陵が多いので、生産力には困らなそうです。

さてぶらぶら周辺を探索したところ・・・
010_孤島cut.jpg
孤島!
これはハーラルさんの本領発揮じゃないですか!(笑)

1T〜60T
<生産>
投石兵→労働者→労働者→開拓者→ロングシップ→ロングシップ→弓兵→モニュメント→ロングシップ→
開拓者→労働者→弓兵→穀物庫
<技術>
畜産→採鉱→帆走術→弓術→石工術→造船→陶磁器→筆記
<社会制度>
法典→職人技→軍の伝統→対外貿易→古代の帝国→労働徴発(途中まで)→演劇と詩

初手は弓術ブーストを期待して投石兵。
蛮族さんが運よく投石兵で倒せたので、
幸先良いスタート。早速弓術を研究します。

孤島だったので、もう蛮族も出ないし、ということで労働者優先で。
2都市目オスロをさっさと島の南に出しました。

で、逆にいい入植地を早めに見つけないと
苦しくなるので、早めに帆走術を研究し、
ロングシップで早速島の外へ!

すぐに、西側に新たな島を発見。

33T、トミュリスさんと遭遇。
35T、自然遺産ヨセミテ発見。

よさげな島なので、スキタイと同居だけれど入植したい!
いずれ拠点を築いて侵攻、という構想を立て、兵力もじわじわ作る。
しかも、早期に陸軍を渡航させたいので、
ロングシップ2隻で造船ブーストをかけ、造船へ。


42T、始皇帝さんと遭遇。
43T、フェリペ2世さんと遭遇。

49T、ムベンバ・ア・ンジンガさんと遭遇
    カトリーヌ・ド・メディシスさんとも遭遇

一気に他国と遭遇します。

53T、ついに造船の研究完了。
さあ、弓兵、開拓者らも渡航開始。軍事スロットには海運業をセットし、
第2都市オスロでもロングシップ、そして造船解禁後はカドリレームを生産しています。

そして60T目。
060_入植!.jpg
初の入植地!

第3都市スタヴァンゲルを建設。
当然、トミュリスさんから「勝手に都市を建てるな」と
お叱りがありますが、「我々の勝手だ!」と開き直り。どうせこの先征服する予定なので。

060_おいしい出力cut.jpg
ヨセミテの丘陵ジャングルが改善せずともおいしい出力です。

その2へ続きます。



posted by chiriya at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック